バスケットボール用品情報

バスケット用品を中心としたスポーツ用品に関する情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西宮ストークス

西宮ストークスは、2011年に兵庫県唯一のプロバスケットボールクラブとして誕生、2015年に「兵庫ストークス」から「西宮ストークス」へクラブ名を変更し再スタートを切りました。
クラブ名を兵庫県民に公募し、コウノトリが県の鳥にも指定されておりコウノトリも英語名ストークス、“地域の方々と一緒に”という部分が、選手たちプロバスケットボールクラブが目指すところとマッチし、その思いがこめられています。
兵庫県を本拠地としてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームです。

クラブ理念は
人と社会を元気にする
常に枠組みにとらわれない
人々に感動を与える
です。

がんばれ、西宮ストークス!

公式ホームページ https://www.storks.jp/
スポンサーサイト

漫画でバスケットボールに興味を持ちました

私はスラムダンクと言う、バスケットボールに青春を費やす漫画を見てから、バスケットボールに関心を持つようになりました。
それから私はバスケットボールのルールを覚え、実際にバスケットボールをするようになったのです。
学生時代の一時期、バスケットボール部に所属していた時があります。
先輩方にしごかれ、バスケットボールを追いかける毎日を過ごしていました。
ですがどんなに努力してもバスケットボールが上手くならないので、退部してしまったのです。
とは言え退部してからもバスケットボールが好きな事は変わらず、バスケットボール部の試合を必ず見に行きました。
大人になった今でもバスケットボールが好きで、ひいきにしているチームの試合を見に行き応援をしています。

NBAの禁止ルール

バスケットボールのディフェンス方法でゾーンディフェンスがありますが、2000年から2001年のシーズンでNBAではゾーンディフェンスが禁止されていたことがありました。

違反した場合はイリーガルディフェンスというヴァイオレーションをとられていました。

もちろん2001年までですので、現在は問題なくゾーンディフェンスをすることができます。

そして現在のNBAでは、オフェンスプレイヤーにマークマンとしてついていないディフェンダーに対して、ゴール下のペイントゾーンに3秒以上留まっていてはいけない、というヴァイオレーションが適用されています。

ミニバスケと少年サッカー道具代編

ミニバスケットボールと少年サッカーの違いを道具にかかる経費と言う点で比較してみます。まずはシューズですが、子供なので足が大きくなると買い替える必要がありますが、サッカーではスパイクが摩耗しての買い替えが必要になりますが、バスケットはありません。
ユフォーム代は対して変わらないようです。ですが、練習用のジャージ・トランクス・ストキングなどはサッカーのほうが経費がかかりそうです。メーカーやまた地元のJリーグ関連、日本代表関連のデザインなどは値がはりますし、トランクスやストッキングはスライディング、接触プレーなどで破れてしまい買い替える必要があることも生じます。
その他の道具として、サッカーにはレガース(すね当て)も必要です。
また、洗濯物の汚れでは、泥汚れがサッカーは圧倒的に多く、ストッキングは汚れ落ちせず買い替えることもあります。
どうやら道具にかかるお金はサッカーのほうが高いようです。

娘のおかげで詳しくなりました。

私の娘が3年前に中学校に進学しました。その時に入部した部活動がバスケットボール部でした。今までバスケットボール等した事も無かったのですが、本人がやりたいと思う以上、させてあげようと思っていました。「いつ辞めると言い出すか?」と夫婦で話をしていましたが、引退するまで「辞めたい」と一言も言いませんでした。
1年生の夏頃から試合に出して頂き、3年生になった時には副キャプテンを務めさせて頂きました。3年間毎回県体予選に出場し、我が娘ながらたくましくなったなあと感心する程でした。
私達夫婦も練習試合や公式戦には欠かさず応援に行き、ビデオを撮って娘に見せていました。ルールも私たちなりに勉強して、知れば知る程バスケットボールが面白くなって来ました。
娘は、今年の春に高校生になりますが、志望校には中学時代の先輩達がバスケットボール部に所属している様ですし、高校へ行ってもバスケットボールを続けたいと言っています。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。