バスケットボール用品情報

バスケット用品を中心としたスポーツ用品に関する情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーピングの注意点

・傷害後(応急処置)のテーピングは必ず医師・トレーナーの指導のもとで行うようにして下さい。

・腫れがある部位へのテーピングは循環障害を起こす可能性がありますので、必ず医師・トレーナーにご相談下さい。

・処置部位は汗や汚れをとり、体毛はできるだけ剃った清潔な状態が好ましいです。

・神経・血管の機能を妨げないように巻いて下さい。

・テープのしわ、たるみ、すき間は水ぶくれの原因になるため、テーピングは部位の形状に合わせ滑らかに貼ります。

・部位付近の皮膚に変色、しびれなどの異状が現れた場合はすぐにテープを取り除いて下さい。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。