FC2ブログ

バスケットボール用品情報

バスケット用品を中心としたスポーツ用品に関する情報サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスケットボールで多いけがが、十字靭帯損傷です

バスケットボールは見かけ以上に激しいスポーツです。

サッカーほどの接触プレーはありませんが、クイックに止まる、進行方向を瞬時にチェンジする、より高く飛ぶ、などの動きは他のスポーツと比べて激しく、コートが滑りにくい体育館ということもあって、それらの動きが選手の身体に及ぼす影響は、計り知れません。

そんなバスケットボール選手に多い怪我が、膝や足首の靭帯を損傷することです。

NBAの一流選手のみならず、一般のアマチュア選手や学生プレイヤーにおいても靭帯の損傷は大変多い怪我で、特に膝の十字靭帯を切る選手が最近は多くなっています。

これは、バスケットボールプレーの高度化や選手の能力が向上していることが要因とされ、高い技術やスキルが要求されるが故に、増えている怪我だといえます。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。