バスケットボール用品情報

バスケット用品を中心としたスポーツ用品に関する情報サイト

NBAの禁止ルール

バスケットボールのディフェンス方法でゾーンディフェンスがありますが、2000年から2001年のシーズンでNBAではゾーンディフェンスが禁止されていたことがありました。

違反した場合はイリーガルディフェンスというヴァイオレーションをとられていました。

もちろん2001年までですので、現在は問題なくゾーンディフェンスをすることができます。

そして現在のNBAでは、オフェンスプレイヤーにマークマンとしてついていないディフェンダーに対して、ゴール下のペイントゾーンに3秒以上留まっていてはいけない、というヴァイオレーションが適用されています。
スポンサーサイト

FC2Ad